南陽軒の栗柿を食べて

美味しいものを食べるのが好きな私は、自分で作ったり、近所のスーパーで好きなものを
購入するだけでは飽き足らなくなってきました。
そのうち、インターネットの通信販売でも美味しいものを探して回るようになったのです。

 

私は、美味しいものの中でも甘いものが大好き。
中でも和菓子が特に好き。
ですが、和菓子はほとんどの種類のものを食べたことがあります。
何か今まで食べたことがないような珍しい特徴のある食べ物を食べたいと思っていました。

 

そこで私は、そのような物を買うことができるお店はないかと調べてみたところ
たまたま見つけたのが、岐阜県中津川にある南陽軒の栗柿。
岐阜県中津川市で長い歴史を持つ南陽軒、その栗柿が、どのようなものかよく知らなかったのですが
南陽軒のホームページを見てみると、干し柿の中に栗きんとんが入っている和菓子だとわかりました。

 

そのような和菓子は、一度も食べたことが無かったので、すごく食べたくなり、さっそくインターネットで注文。
食べてみると、今まで食べたことのない味わい。すごく美味しかったです。

南陽軒の栗柿の特徴

岐阜県中津川の南陽軒の栗柿は、肉厚な干し柿の中に、南陽軒の栗きんとんを詰め込んだ最高級和菓子です。
南陽軒の栗柿は、栗きんとんの本場・岐阜県中津川で、創業100余年の伝統のある老舗のくり屋南陽軒が、
創業当時から変わらない製法で和菓子を作っています。

 

特徴

使っている素材にもこだわって、長野県飯田産の最高級の市田柿で作った干し柿の中に、
南陽軒自慢の栗きんとんを詰め込んでいること。

 

その他の特徴としては、市田柿の中でも特に肉厚で、やわらかい最高級の特選の柿を使用。
栗きんとんは、土壌にもこだわった栗を100%使い、その他の材料は砂糖だけ。それ以外の添加物を一切使わず作られています。

 

岐阜県中津川の南陽軒の栗柿は、柿の中にある種を1つずつ丁寧に取り出して、
その中に南陽軒自慢の栗きんとんを詰め込んでいく、とても丁寧に作られた和菓子です。
最高級の市田柿と自慢の栗きんとんの相性は抜群。
一口に食べれば柿が本来持つ甘味と、栗の風味を一緒に美味しく味わうことが出来ます。
岐阜県中津川の南陽軒の栗柿は、他では味わえない特徴を備えた最高級和菓子です。
贈り物にもお使い頂いても大変喜ばれるお菓子だと思いますよ。